>がんに関するQ&A

がん相談

一覧に戻る

がんの相談窓口はありますか。
外来診療棟1階医療連携センター内にがん相談支援センターの窓口があります。いつでもお気軽にお立ち寄り下さい。
PAGE TOP
セカンドオピニオンをお願いすることはできますか。
セカンドオピニオン外来があります。まずは、現在の主治医にセカンドオピニオンの了解を得てから、セカンドオピニオン外来の担当者(TEL:092-642-5160)へ連絡して下さい。
PAGE TOP
近くの病院で、胃がんの疑いがあると言われましたが信じられません。どうしたら良いでしょうか。
セカンドオピニオンを受けてみてはどうでしょうか。自分が納得し、信頼して治療が受けられる病院・医院を探すのも選択の一つだと思います。
PAGE TOP
現在乳がんの治療中ですが、引越しをすることになりました。治療の継続はできるのでしょうか。
主治医から新しい主治医へ今までの治療、検査結果などの情報が引き継がれますので治療の継続は可能です。
PAGE TOP
手術や抗がん剤治療に、高額な費用がかかると聞きました。医療費が心配です。
高額療養費制度などの利用により、医療費の支払いの軽減ができます。まずは、がん相談支援センターソーシャルワーカーへお尋ね下さい。
PAGE TOP
高額療養費制度の利用について教えてください。
同じ月の間に同じ医療施設で保険適用の自己負担額が一定の金額を超えた場合に、超えた額の払い戻しが受けられる制度です。外来と入院とを別にして計算、申請により支給されます。この場合の「一定の金額」は、被保険者の収入によって異なります。詳しくはがん相談支援センターソーシャルワーカーへお尋ね下さい。
PAGE TOP
入院の話が出た時、「限度額適用認定証」を用意するように言われたのですが・・・。
入院する際に「限度額適用認定証」を提示することで、窓口での支払いが自己負担限度額までに抑えられます。「限度額適用認定証」は保険証に記載のある保険者に申請して交付を受けます。詳しくはがん相談支援センターソーシャルワーカーへお尋ね下さい。
PAGE TOP
65歳前でもがん患者の場合、介護保険が使えると聞きましたが、どうすればいいでしょうか。
40歳から64歳までの第二号被保険者も老化が原因とされる病気(特定疾病)により、介護や支援が必要となった場合には市の認定を受け、介護サービス・介護予防サービスを利用できます。平成18年4月より介護保険の特定疾病に「がん」も加わりましたが、第二号被保険者のうち、治療が難しくなり、生活で何らかの介護が必要になった方が対象となります。お住まいの市区町村役場の福祉・介護保険に関する部署が窓口です。
PAGE TOP

一覧に戻る