>がんに関するQ&A

がん診断

一覧に戻る

PET検査について教えてください。
がん細胞は、正常細胞に比べてブドウ糖を多く消費して活動しています。ブドウ糖に似た性質をもつFDG(フルオロデオキシグルコース)というお薬を静脈注射しPET(ペット、ポジトロンCT)という装置で撮影すると、体の中でFDGが多く集まる場所を突き止めることができます。FDGが多く集まるところがブドウ糖をたくさん消費しているがん細胞の存在する部位と考えられ、がんを発見する手掛かりとなります。検査では、FDGを静脈注射して1時間の安静の後に20-30分の撮影を行います。仰向けで寝ていただくだけで、一度に全身のチェックができます。
PAGE TOP
腫瘍マーカーとは何ですか。
がん細胞が作る物質、あるいは体内にがんがあることで体が反応して、がん以外の細胞が作る物質のことです。腫瘍マーカーを測定することで、がんの存在、種類、進行の程度を知る目安になります。ただし、がんの患者さんでも腫瘍マーカーが正常な場合があり、逆に、がんでない患者さんでも腫瘍マーカーが正常値より高く出ることもあります。そのため、腫瘍マーカーは、がんの発見よりも、治療効果判定や再発の有無の評価などに有用です。腫瘍マーカーの数値だけでがんの診断を行うことはなく、CT・MRI・PETなどの画像検査と組み合わせて利用されることが一般的です。
PAGE TOP

一覧に戻る