九州大学病院のがん診療

肺がん

一覧に戻る

はじめに


図1

肺がんは悪性腫瘍による死亡原因の第1位であり、わが国においては年間7万人以上の患者さんがこの病気でお亡くなりになっています。肺がんの治療成績向上には早期発見が最も重要でありますが、手術不能の進行した状態で発見される患者さんが多くいらっしゃるのが現状です。特に異常がなくても定期的に胸部レントゲン写真を含む健康診断を受けることも大事です。胸部レントゲンで心配な所見があれば、胸部CT検査などの精密検査を受けていただくことになります。
肺がんは病理診断や細胞診断により、小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分類されます。非小細胞肺がんは肺がんの85%程度を占めており、さらに腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんに分類されます(図1)。

肺がんの治療方針は上記の肺がんの種類および体の中で病気がどのように広がっているかによって決まります。比較的早期であれば手術や放射線治療、進行している場合は抗がん剤などの薬物治療が選択されます。症状が強く全身状態があまりよくない時は症状の緩和を行う治療を行います。一口に手術、放射線治療、薬物治療と言っても内容は複雑で、どのように肺を切除するか、放射線はどれくらいの量をどのように照射するのか、薬剤は何を使うかなど患者さんの状態によって変わってきます。最近では肺がんの細胞のもっている遺伝子の異常(EGFR遺伝子変異、ALK遺伝子転座)によって効果の高い分子標的治療薬が使われるようになり、これらの遺伝子異常をお持ちの肺がん患者さんの薬物療法による治療成績は改善しています。また2015年12月に免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブが進行非小細胞肺がんに適応となり、新たな治療選択肢として注目されています。

現在の肺がん治療の成績、特に進行期の肺がんの治療成績は決して満足できるものではありませんが、新しい治療法や薬剤の開発は進められています。これら新しい治療法の効果は臨床試験や治験という形で科学的に評価が必要です。九州大学病院ではより良い治療法を開発するために多くの臨床試験・治験を実施しています。臨床試験・治験への参加には条件があり、全ての方が参加できるわけではありません。もし条件に合致する場合は、試験についての説明をよく聞いて参加するかどうかを決めてください。肺がんの治療は、ご自身の病気のことをよく理解し、十分に納得した上で治療を受けることが大事です。このホームページを病気の理解に役立てていただければ幸いです。

1 2 3 4 5
>>