九州大学病院のがん診療

食道がん

一覧に戻る

はじめに

消化管に発生するがんの中で、食道がんは胃がん、大腸がんに次いで頻度の高いがんです。その特徴として、喫煙と飲酒が明らかな危険因子であること、癌細胞は胃・大腸がんにおける腺癌とは性質の異なる扁平上皮癌が大部分であること、そのため比較的進行が早い傾向を示すこと、などが挙げられます。すなわち、食道がんは胃・大腸がんと比較して命に影響を及ぼす可能性がより高い消化管がんであり、早い段階での発見と治療が望まれます。実際、胃と大腸では表面直下の粘膜下層までにとどまるものを早期がんと呼ぶのに対して、食道の早期がんとは食道表面にとどまるもののみを指しています。

従来のバリウム検査で早期食道癌を発見することは困難です。これは早期食道癌がまわりの食道と比較して高低差のない平らな病変であることが要因と考えられます。これに対して、近年解像度の高い内視鏡検査機器が開発され、食道早期癌が比較的容易に診断できるようになりました。ただし、今日においても食物が通らないなどの症状を契機に診断される食道がんの大部分は進行したがんであり、これらに対してはCTPETなどを用いて病変に広がりを診断し適切な治療を選択することになります。

食道癌に対する治療は、内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術)、外科的治療、放射線療法、化学療法、およびこれらの組み合わせが選択されます。内視鏡的治療は食道表面に留まるもの(すなわち早期がん)が対象となります。それより深いがんは基本的に外科的治療の適応であり、胸部を大きく切開する開胸術に加えて最近では胸に挿入した内視鏡で食道を切除する鏡視下手術も行われています。一方、手術で切除することが不可能な場合、あるいはたとえ食道がんは切除できても転移病巣が残存した可能性が高い場合などでは放射線療法、化学療法、あるいはこれらを組み合わせた放射線・化学療法を行うことになります。ただし食道は胸部の中心に存在し、肺と心臓に取り囲まれる内腔の狭い器官ですので、いずれの治療も慎重に行う必要があります。

九州大学病院で食道癌を取り扱っている診療科として、消化管内科、消化器外科、放射線科、血液・腫瘍内科、および先端分子細胞治療科が挙げられます。これらの診療科が、光学医療診療部、先端工学診療部、手術部、病理部などの協力により診断と治療を行っています。消化管内科が診断と内視鏡的治療を、消化器外科が外科的治療を、放射線科が診断と放射線治療を、さらに血液・腫瘍内科が化学療法を主に担当し、さらに一部の診療科では患者さんの同意を得た上で、臨床研究・治験も行っています。

1 2 3 4 5 6 7 8
>>