九州大学病院のがん診療

大腸がん

一覧に戻る

はじめに

わが国では大腸がんが年々増加しており、悪性腫瘍による死因のなかで、男性では第3位、女性では第1位を占めるがんとなっています。このような大腸癌の増加には、わが国の食生活の変化、すなわち肉食、高脂肪、高蛋白、低残渣食が関与していると考えられています。また、大腸がんの一部は同一家系内に集中して発生することがあり、遺伝性大腸癌と総称されています。

胃癌と同様に、大腸がんも早期がんと進行がんに大別されます。早期がんは粘膜下層と呼ばれる大腸表面直下の部分までにとどまるものであり、大部分は無症状です。一方、進行がんはさらに深部まで入り込んだがんで、当然早期がんより大きいものが多いのですが、必ずしも血便などの症状が出現するわけではありません。従って、大腸がんをできるだけ早期に発見するためには、無症状であっても大腸を直接、あるいは間接的に検査することが重要となります。

大腸がんの診断においては、主に内視鏡検査が用いられています。従来必ずしも簡単な検査ではなかった大腸内視鏡検査は、内視鏡機器の進歩と熟達した内視鏡医が育成されたことにより普及しています。その結果、がんのみならず前癌状態の良性病変、あるいは一部ががん化した病変などを解像度の高い内視鏡を用いて診断することが可能となりました。さらには、2014年から大腸カプセル内視鏡検査も使用できるようになり、大腸がん発見率の向上に寄与するものと期待されています。一方、CTMRIPETなどの画像解像度の向上も著しく、これらの方法は大腸がんの広がりを診断するために必要不可欠な検査法となっています。

大腸がんの治療方針は、がんの広がりと深さによって大きく異なります。特に、深さは大変重要なポイントで、前述の粘膜下層のうち比較的浅い部分までにとどまるものは内視鏡治療で根治できる可能性がありますが、深い部分まで入り込んだ場合は外科的治療が第一選択となります。内視鏡治療としてはポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術などの手技が用いられ、外科的治療としては胃癌と同様に腹腔鏡下大腸切除術と開腹術があります。一方、より進行した大腸がんに対しては、従来よりも優れた効果を有する抗癌薬が開発されていますし、放射線療法を用いることもあります。九州大学病院では、これらの治療法を単独、あるいは組み合わせて患者さんに提供することでより良い大腸がんの治療を心がけています。

大腸がんを取り扱う診療科は消化管内科、消化器外科、放射線科、血液・腫瘍内科、先端分子細胞治療科と多岐に亘り、光学医療診療部、先端工学診療部、手術部、病理部、などの協力を得て、胃がんの診断と治療を包括的に行っています。以下に当院における大腸がんの診断・治療の現状や臨床研究・治験についてお示し致します。

1 2 3 4 5 6 7
>>