九州大学病院のがん診療

子宮がん

一覧に戻る

はじめに

子宮がんは発生する部位により子宮の出口にできる子宮頸がんと子宮の奥にできる子宮体がんに分類されます。同じ子宮に発生するがんであるにもかかわらず進行様式、治療法はまったく異なるため、別個のがんとして治療法を選択する必要があります。子宮は妊娠にとって重要な臓器ですが、子宮頸がんをはじめとして若年発症の増加も大きな問題となっています。我々は以前より子宮頸がんおよび体がん治療ガイドラインに則った手術療法・放射線療法・化学療法を併用して根治を目指す集学的治療を行ってきました。また、国内の代表的がん治療施設と共同して新しい治療法の開発試験(多施設共同臨床試験)にも多数取り組んでいます。

九州大学病院では、婦人科、放射線科、病理学部門の専門医が、光学医療診療部、検査部、手術部、薬剤部、看護部などの協力を得て、子宮がんの診断と治療を包括的かつ集学的に行っています。また、リンパ浮腫や排尿障害など生活の質(QOL:quality of life)を損なわない治療法や、子宮頸がんおよび子宮体がんに対して可能な場合は妊孕能温存治療も行っております。

1 2 3 4 5 6 7
>>