九州大学病院のがん診療

原発不明がん

一覧に戻る

はじめに

がんが最初に発生した場所を「原発部位」、その病巣を「原発巣」と呼びます。また、原発巣のがん細胞が、リンパの流れや血液の流れを介して別の場所に生着した結果つくられる病巣を「転移巣」と呼びます。通常は、がんがどこから発生しているのかがはっきりしている場合が多いですので、その原発部位によって、胃がん、肺がん、前立腺がん等のように、発生した臓器の名前のついた診断名がつきます。

一方、「原発不明がん」とは、転移巣が先に発見され、「がん」であることが裏づけられたにも関わらず、詳細な病歴の聴取や診察、また、様々な検査等によっても、はじめにできたその原発部位が臨床的に確認できない状態のことを指します。つまり、がんがある臓器にでき、まだ様々な検査ではわからないほど非常に小さいにも関わらず、その場所から転移を起こし、むしろ転移巣の方が原発巣より大きくなった状態と考えられます。まれには、転移が起こった後に、原発巣だけが何らかの原因で自然に小さくなったり、消えたりした状態のこともあります。現在では、様々な画像診断技術の進歩により身体の奥深くの小さな病巣がわかるようになり、原発不明がんと診断される頻度は減少しました。それでも、がん全体の3〜5%程度存在します。最後まで原発部位がわからない場合が多いのですが、その後の経過等から後に原発部位がわかる場合もあります。

原発不明がんとして見つかる転移でもっとも多いのはリンパ節(リンパ節転移)です。次いで、肺、肝臓、骨や脳等の転移です。また、これらの転移が重複してみられることもあります。頸部(首のまわり)、腋窩部(わきの下)、ソケイ部(足のつけね近く)等のリンパ節転移は身体の表面付近にあるので気付かれやすく、よほど大きくなければ通常は痛みを伴いません。骨の転移は痛みや骨折(病的骨折)を契機に発見される場合が多いと考えられます。肺や肝臓の転移は進行するまで症状を伴いませんので、健康診断や他の病気でレントゲン検査や超音波検査CT検査等を契機に偶然に発見されることが多いです。

がんが胸膜(肺を覆う膜)や腹膜(腹部の臓器を覆う膜)に転移することにより、肺のまわりやお腹の中に水が溜まる現象(それぞれ、胸水や腹水)でみつかることもあります。

原発不明がんといっても、その人によりがん細胞の種類(がんの組織型)が異なります。最も多いのは腺がん、次いで扁平上皮がんですが、その他にも様々な種類のがんがあります。細胞や組織を採取して(細胞診または生検といいます)その細胞や組織を顕微鏡で調べる検査(病理検査)は極めて重要なことです。これにより、がんであることがはっきりすると同時にがん細胞の種類がわかり、それが手がかりとなり原発部位が特定できる場合もありますし、また、がん細胞の種類は治療方法に影響する場合もあるからです。また、がんが他にも拡がっているかどうかを各種の画像検査で調べることも大事です。がんの拡がりの程度も治療法に大きく影響するからです。これら、がん細胞の種類、がんの拡がりに加えて患者さんの全身状態等を総合的に勘案して、その人に合った治療法が決定されます。治療法は外科療法、化学療法、放射線療法に大別されますが、これらを組み合わせて治療する場合も多くあります。

九州大学病院では、血液・腫瘍内科、放射線科(診断部門、放射線治療部門)、総合診療科、外科および病理部が連携して診断および治療を行っています。以下、当院における原発不明がんの診断、治療および新しい治療法の確立を目指した臨床研究をご紹介します。

1 2 3 4 5
>>