研修会案内

九州大学病院セミナー 東日本大震災における被ばくと心のケア

3月11日に東日本で発生した大震災では,火災や津波などの被害により,未曽有の人的・物的損害が生じております。また、福島原子力発電所が大きな被害を受け、放射線被ばくの影響も心配されています。今回のセミナーでは、放射線被ばくによる種々の影響を正しく理解して頂くとともに、現場からのレポートをお聞きし、今後の私たちの対応について議論を深めたいと存じます。

日時 平成23年5月11日(水) 18:00〜19:30
場所 九州大学医学部百年講堂 大ホール
講演内容
  • 1.「原発事故による放射線被ばく:放射線科医の立場から考える」
  • 座長:九州大学病院 放射線科 本田 浩先生
    演者:九州大学病院 放射線科 中村 和正先生
  • 2.「福島県いわき市における“心のケア”活動報告」
  • 座長:九州大学病院 呼吸器科 中西 洋一先生
    演者:九州大学病院 精神科神経科 神庭 重信先生
共催 九州大学病院 医療安全管理研修会 第20回九州大学病院がんセミナー
問い合わせ先 九州大学病院がんセンター(092-642-5890)担当 伊藤

一覧へ戻る