九州大学病院のがん診療

胃がん

はじめに

胃がんは我が国において大変頻度の高い悪性腫瘍です。最近では、がん死亡率(どれくらいの方ががんで亡くなるのかの指標)の点からは第一位の座を明け渡しましたが、がん罹患率(どれくらいの方ががんにかかるかの指標)では第一位の座を占めています。これは、我が国において胃がんの診断技術が向上し、救命可能な胃がんの患者さんを数多く発見できていることを意味します。

我が国では、胃がんの診断方法としてX線検査(バリウム検査)と内視鏡検査(胃カメラ)が世界に先駆けて用いられてきました。なかでも、近年の機器の進歩に伴い内視鏡検査とその際に採取される組織の分析による精密診断が飛躍的に向上しています。さらに、最近では超音波内視鏡画像強調内視鏡などの技術革新がみられており、これらの手法を用いることで胃がんの広がりや深さを詳細に判定できるようになりました。また、CTMRIPETなどの画像解像度の向上も著しく、胃がんの全身への広がりをより正確に診断することも可能となっています。

胃がんの治療方針は、がんの広がりと深さによって大きく異なります。したがって、正確な診断は胃がんの治療方針を決定するためにも非常に重要です。実際の治療法としては、胃の中に内視鏡を挿入し病変を切除する内視鏡治療(内視鏡的粘膜切除術と内視鏡的粘膜下層剥離術)、お腹の皮膚から内視鏡を挿入して胃を切除する方法(腹腔鏡下胃切除術)、開腹して胃を切除する方法(開腹術)、抗がん剤を用いる方法(化学療法)、放射線を用いる方法(放射線療法)などに大別されます。最新の機器・技術および薬剤を用いて正確かつ適切な胃がんの診断と治療を行うことは九州大学病院の使命であります。

九州大学病院では、消化管内科、消化器外科、放射線科、血液・腫瘍内科、先端分子細胞治療科が、光学医療診療部、先端工学診療部、手術部、病理部、などの協力を得て、胃がんの診断と治療を包括的に行っています。以下に当院における胃がんの診断・治療の現状、および新しい治療の確立を目指した臨床研究・治験についてお示し致します。また、当院における最近の胃がん診療に関するデータをお示しし、患者さんからの疑問にお答え致します。胃がんの治療を受けようとされている患者様をはじめとして、皆様への貴重な情報源となるものと確信しています。

用語解説
超音波内視鏡 : 超音波診断装置を伴った内視鏡
画像強調内視鏡 : 拡大内視鏡と特殊なシステムを併用し、腫瘍の表面の血管構造の観察をしたり染色液を用いて観察することで腫瘍の良悪性の診断を行う方法
CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
MRI : 強い磁石と磁気を利用して体の内部を検査する機器
PET : がん細胞だけに集積する検査薬を体内に取り込み専用の装置で体を撮影する画像診断法
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法