部門紹介

がん相談支援センター

一覧に戻る

がん相談支援センターとは

1. 全国に設置された、がんの相談窓口です。

「がん相談支援センター」は、全国のがん診療連携拠点病院などに設置されている、がんに関する相談窓口です。

2. どなたでも無料で相談できます。

患者さんやご家族のほか、地域の方はどなたでも無料で利用できます。国が指定した研修を修了した相談員(看護師や社会福祉士)が対応します。

3. どんなことでも、ご相談ください。

治療や療養生活全般、地域の医療機関などについて相談できます。相談内容は、担当の先生や他者に知られることはありません。匿名でのご相談もできます。

がん相談の方法

がん治療に関する様々な悩みやご相談がある方は、直接がん相談支援センターにお越し頂いても結構ですが、事前に電話などで御予約頂くと十分な時間をとって更に丁寧な対応をさせて頂くことができます。また電話でのご相談も可能です。

受付時間9:00〜15:00(月曜日から金曜日[土・日・祝日は除く])※がん相談の費用は無料です。、がん相談支援センター電話番号092-642-5200

九州大学病院がん相談支援センターは新外来診療棟の1階医療連携センター内にあり、看護師やソーシャルワーカーが、がん患者さんや御家族の様々なご相談に無料で対応しております。

相談できることの例

がんの検査・治療・副作用
  • 自分のがんや治療について詳しく知りたい。
  • 担当医から提案された以外の治療法がないか知りたい。
  • セカンドオピニオンを受けたいが、どこに行けばよいのかわからない。
社会との関わり
  • 病気について、職場や学校にどのように伝えればよいか。
  • 仕事を続けながらの治療はできるか。
心のこと
  • 気持ちが落ち込んでつらい。
  • 思いを聞いてもらいたい。
療養生活の過ごし方
  • 治療の副作用や合併症と上手に付き合いたい。
  • 自宅で療養したい。
経済的負担と支援について
  • 活用できる助成・支援制度、介護・福祉サービスを知りたい。
  • 介護保険の手続きを知りたい。
  • 仕事や育児、家事のことで困っている。
家族との関わり
  • 家族にどう話していいかわからない。
  • 家族の悩みも相談したい。
緩和ケア
  • 地域で緩和ケアを受けられる病院はあるか。
  • 治療を受けながら緩和ケアを受けるにはどうしたらいいか。
医療者とのコミュニケーション
  • 担当医の説明が難しい。
  • 医療者に自分の疑問や希望をうまく伝えられない。
  • 何を聞けばよいのかわからない。

出典:国立がん研究センターがん情報サービスより

がん相談支援センター案内図

医療連携センター内がん相談支援センター

受付時間9:00〜15:00(月曜日から金曜日[土・日・祝日は除く])※がん相談の費用は無料です。、がん相談支援センター電話番号092-642-5200