九州大学病院のがん診療

眼部腫瘍

一覧に戻る

放射線治療

眼科領域は網膜・視神経といった視力に関係する重要な組織や水晶体のような放射線感受性が高い組織が存在するため、この領域に放射線治療を行うにあたっては、その組織の機能を温存し、かつ腫瘍制御をはかるために、より精度の高い治療が要求されます。眼科領域の悪性腫瘍は稀な疾患が多いですが、この領域で放射線治療が実施されているものとしては、眼付属器原発悪性リンパ腫、眼内悪性リンパ腫、脂腺癌、脈絡膜悪性黒色腫、転移性脈絡腫瘍などがあります。以下に各疾患に対する放射線治療に関して記述します。

眼付属器原発悪性リンパ腫

眼付属器に生じる悪性リンパ腫の多くはMALT(Mucosa Associated Lymphoid Tissue)リンパ腫です。MALTリンパ腫は、遠隔転移が少なく、原発巣が長年かけて緩徐に増大することから、原発巣制御が重要です。原発巣の局所制御には、放射線治療が一般的には用いられています。放射線治療計画はCT画像上で行われ、当院では、GTV(Gross Tumor Volume)は病変部分、CTV(Clinical Target Volume)は眼窩全体や結膜全体、PTV(Planning Target Volume)はCTVに1〜1.5cmのマージンを設定しています。照射方法は、前方1門や前方斜入2門照射などです。線量は腫瘤形成のものは30Gy/20回、表在型のものは24Gy/12回で行うことが多いです。

眼内悪性リンパ腫

中枢神経に再発する可能性があるため、基本的には全脳照射+両側眼球の範囲に照射が行われます。中枢神経病変を化学療法にて制御する場合は、眼内病変の制御目的に、病変のある眼球に対してのみ放射線治療が行われます。病変が片眼のときには前方1門、両側眼球に病変のある場合は左右対向2門にて40Gyの線量が投与されます。

脂腺癌

病変の大きさ、行った手術によっては術後放射線治療が行われます。前方1門や前方斜入2門照射にて50〜60Gyの線量が投与されます。耳前部や頸部のリンパ節転移再発病変に対しては、郭清後照射を行うことがあります。

脈絡膜悪性黒色腫

悪性黒色腫は、放射線感受性の低い疾患ですが、眼球温存目的に放射線治療が選択されることも多々あります。当院では、ノバリスを使用し、病変部へ線量を集中するようにして治療を行っています。

転移性脈絡腫瘍

乳がんや肺がんからの転移の頻度が多いです。症状は、視力低下・視野欠損・疼痛などで、症状緩和や視力低下回避目的に側方1門や前方斜入2門にて30Gy/10回の線量が投与されます。

有害事象

急性期有害事象は、眼球・眼瞼結膜の炎症による流涙・疼痛や眼脂症状を認めます。晩期有害事象は、緑内障・放射線白内障・眼球乾燥・結膜炎や角膜潰瘍を認めることがあります。線量が45Gyを超えると放射線網膜症が発症する可能性があり得ます。実際の治療では、このような有害事象がなるべく起こらないように治療の計画をたてますので、詳細については、担当医にご確認ください。

<<
1 2 3 4 5 6
>>