九州大学病院のがん診療

口腔がん

一覧に戻る

はじめに

口腔がんとは、大まかに言うと口の中にできる「がん」のことです。口腔がんには口の中の表面を覆っている粘膜に発生するものと口の中に唾液を分泌している唾液腺(耳下腺を除く)に発生するものが含まれます。最も多いタイプは粘膜表面から発生するタイプのものです。とは言ってもがんは領域をまたいで発生・増大することがよくあります。また、悪性リンパ腫や白血病などの症状が口腔内に出現することも少なくありません。

口腔がんの好発部位

口腔がんは、口の中の歯以外のどこにでも発生します。ただ、発生しやすい場所があり、日本人の場合で言えば、舌が最も多く40〜60%、以下、上下の歯肉、口底、頬粘膜、口蓋の順となっています。舌のなかでは、舌のへり(側縁部)に最もできやすいです。

組織型

口腔がんは口の中の粘膜表面から発生するタイプ(扁平上皮癌)が最も多く、約8割を占めています。残りのうち1割が唾液腺から発生するタイプ、1割が肉腫悪性リンパ腫などです。

口腔がんの危険因子

口腔がんの発生についてはさまざまな要因(発がん因子)が作用しているといわれています。多くの場合、直接的な原因を見いだすことは難しいですが、喫煙と飲酒は危険因子とされています。また慢性的に刺激が加わり続けることも口の中の環境にはよくありません。慢性的な刺激になるものとしては虫歯によって欠けたり、詰め物やかぶせものがはずれたままになったりしてとがっている歯、適合が悪い入れ歯などがあります。

前癌病変

口腔がんにはその前兆となる口の中の状況があることが知られています。将来がんになりやすい組織ということもでき、「白板症」と「紅斑症」がこれにあてはまります。このうち白板症の癌化率はわが国では約10%とされています。また、われわれの教室の調査では、舌にできた白板症は注意を要するという結果が出ています。

口腔がんの進展

口腔がんはその発生した場所(これを原発巣といいます)で大きくなるとともに癌細胞がリンパや血液の流れにのって原発巣以外の場所にたどり着きそこで増殖を始めることがあります。リンパの流れに乗った場合の転移をリンパ節転移といいます。口腔がんの場合は頸部のリンパ節に高頻度に転移をします。血液の流れに乗った場合の転移を遠隔転移といいます。この場合は、からだのどこに転移してもおかしくありませんが、口腔がんの場合の遠隔転移の好発部位は肺です。

チームアプローチと摂食嚥下リハビリテーション

九州大学病院がんセンターの口腔部会は口腔外科、耳鼻咽喉科、放射線科、血液腫瘍内科のドクターに加え、口腔画像診断科、口腔病理、歯科麻酔科、薬剤師、看護師によって構成され、口腔がんに対して、連携して診察、診断と治療を行っています。また、口腔がん治療後、できるだけ早期にかつ安全に口からの食事摂取を再開し、会話機能を回復するために、耳鼻科医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士を含むチームによって、摂食嚥下リハビリテーションを系統的に実施しています。

1 2 3 4 5 6
>>