九州大学病院のがん診療

口腔がん

外科的治療

口腔がんの外科的切除を考える際には、咀嚼、摂食嚥下、発音などの機能面と顎顔面領域の整容面など患者さんの術後QOLをも重視して検討することになります。

がんの大きさが比較的小さく頸部のリンパ節に転移がない初期のがんの場合の外科的療法としては、口内法による手術療法を検討します。これはがんの周囲に余裕を付けて(これを「安全域」とか「セーフティーマージン」と呼びます)切除する治療法です。上下の歯肉がんや口蓋がんの場合には、粘膜の下にはすぐに骨があるために骨を含めて切除することになります。手術後の機能障害(摂食嚥下、発音や会話)は日常生活上、多くの場合ほとんど問題ありません。

がんが大きい場合(3〜4㎝以上)や頸部リンパ節転移を来している場合には、治療的にあるいは再建のために、手術の際に頸部リンパ節群の切除(これを「頸部郭清術」と呼びます)を併せて行います。そして手術後の顔貌の変形、摂食嚥下障害、発音や会話の障害をできるだけ最小限にとどめるために血管吻合術(マイクロサージェリー)を用いた遊離皮弁術などの再建術を形成外科の医師とともに積極的に行っています。

手術後はできるだけ早期にかつ安全に口から食べることを再開できるように、さらには会話機能の回復を図るための摂食嚥下ならびに口腔機能のリハビリテーションを多職種チームによって系統的に行っています。義歯や顎義歯、舌接触補助床(PAP)の作製も院内の補綴科や全身管理歯科と連携して行っています。

用語解説

化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
マイクロサージェリー : 手術用顕微鏡と微小手術器具とを用いて行う手術
皮弁 : 血流のある皮膚・皮下組織や深部組織のこと