九州大学病院のがん診療

口腔がん

放射線治療

口腔がんに対する放射線治療には手術と組み合わせる術前・術後照射と、放射線治療のみで根治を目指す根治照射があります。腫瘍が大きい場合、リンパ節転移を認める場合などは放射線治療のみでは治癒率が劣るため手術を主体とした治療になります。体外から放射線を照射する外照射と、病変部に放射線の出る物質(小線源)を刺入して病変の中から治療をする組織内照射があります。それぞれの患者さんの状況に応じて、最適な放射線治療法を選択しています。

外照射

口腔がんの手術後、再発リスクが高い場合、術後照射の適応になります。総線量50〜60Gy(グレイ)(放射線量の単位)を25〜30回(1日1回、週5回、5〜6週間)に分けて照射します。また手術前に術前照射(線量30Gy/15回程度)を行う場合もあります。高齢者や内科的併存疾患があり手術困難な場合は60〜70Gy程度(30〜35回程度)の根治照射を行っています。いずれも可能であれば抗がん剤(経口、点滴など)を併用します。

組織内照射

早期の舌癌の場合はAuグレイン(2.5mmの金の粒子)による組織内照射を行っています。頸部リンパ節転移がなく、大きさが約3cm以下、厚さが10mm以内の腫瘍を対象としています。腫瘍辺縁に60Gyが照射されるように10個前後のAuグレインを刺入します(図)。刺入後は、周囲の人が被ばくしないよう、しばらく隔離病棟に入院する必要があります。早期の舌癌では組織内照射の腫瘍の局所制御は80〜90%程度と良好な成績が得られています。治療後に後発リンパ節転移を25〜30%程度の頻度で認めていましたが、近年は診断精度の向上により治療前に検出できるようになってきています。
放射線治療の副作用は大きく治療期間中から直後に現れる急性期有害事象と、治療終了後から数カ月後以降に現れる晩期有害事象に分けられます。急性期有害事象としては、照射野に一致した皮膚炎・脱毛・口腔粘膜炎、悪心、嘔吐、全身倦怠感、味覚障害、唾液分泌障害などがあります。味覚障害や唾液分泌障害は回復が遅く、半年〜2年程度かけてゆっくり回復しますが、放射線量によっては回復が不十分なこともあります。晩期有害事象としては粘膜潰瘍や顎骨壊死などがあり、照射した範囲内の抜歯や、喫煙・飲酒・刺激物の摂取はできるだけ行わないようにする必要があります。

図:Auグレイン刺入後の単純写真

用語解説
急性期有害事象 : 放射線治療期間中および照射終了1ヶ月程度までに発生してくる障害。
晩期有害事象 : 治療が終了後約3か月以降に発生してくる障害。