九州大学病院のがん診療

造血器悪性腫瘍

一覧に戻る

はじめに

造血器悪性腫瘍とは、血液、骨髄、リンパ節が侵されるがんの総称で、白血病、リンパ腫、骨髄腫などがあります。これらの臓器は血流やリンパ流によって密に連絡しており、この流れを介して早期から全身に広がる傾向があります。この点は胃がんや肺がんが末期に転移をおこすのと対照的で、悲観する必要はありません。治療は、血流やリンパ流にのって全身の病変にいきわたる抗がん剤などの薬物療法が主体となります。造血器悪性腫瘍は数あるがんの中でももっとも抗がん剤や放射線療法が有効で、治癒が期待できる代表的な疾患です。そのため正確に診断して、一人一人の患者さんに最適な治療法を選択していきます。診断を受けると当然ショックですが、私たちは皆様を支援していきますので、悲観せず希望を持ってやっていきましょう。

1 2 3 4 5 6 7
>>