九州大学病院のがん診療

造血器悪性腫瘍

放射線治療

はじめに

放射線治療は造血器腫瘍の治療において、いろいろな場面で用いられています。例えば、悪性リンパ腫では化学療法と一緒に用いることで良好な成績が期待できます。また、白血病では、移植の前の処置として全身照射が用いられることがあります。以下、放射線治療が用いられる代表的な疾患と全身照射:Total body irradiation(TBI)について記述します。

放射線治療が用いられる疾患

悪性リンパ腫
◎ホジキンリンパ腫:

化学療法の後に放射線治療が用いられることがあります。また、放射線治療のみで治療することもあります。

◎非ホジキンリンパ腫:

病変が限局した低〜中悪性度リンパ腫、NK/T細胞リンパ腫や中枢神経系の悪性リンパ腫に放射線治療が用いられます。

低悪性度リンパ腫 濾胞性リンパ腫やMALT(mucosa associated lymphoid tissue)リンパ腫などが挙げられます。病変が限局している場合、病変のあるリンパ節領域に30-36Gyの放射線治療が行われます。
中悪性度リンパ腫 びまん性大細胞型リンパ腫のうち病変が限局しているものは、短期間の化学療法と放射線治療が行われます。化学療法はCHOP療法またはCD20陽性の場合は、リツキサン(R)を含めたR-CHOP療法が行われます。放射線治療は、病変のあるリンパ節領域に対して行われ、30〜40Gy程度の線量が用いられます。
K/T細胞リンパ腫 鼻腔から出たNK/T細胞リンパ腫は、化学療法としてDeVIC療法と鼻腔・上咽頭を含んだ領域の放射線治療を同時に行います。放射線の線量は50Gy以上が用いられます。
中枢神経系悪性リンパ腫 脳から出た悪性リンパ腫は、化学療法を行った後に放射線治療が行われます。放射線治療は、まず脳全体に30Gyを照射し、その後病変部に放射線の当てる範囲を絞って20Gyを追加します。
骨髄腫
多発性骨髄腫:症状をやわらげるために放射線治療が用いられます。病変のある骨全体に放射線を当てることが多いですが、範囲が広すぎる場合には、病変に適当なマージンを加えた範囲で治療を行います。線量は、20-30Gy/10-15Fr.が用いられます。

全身照射:Total body irradiation (TBI)

全身照射とは、移殖の前の処置として、放射線を全身に照射する治療です。治療の目的は、患者さんの体の中にある腫瘍細胞のコントロールと移殖のときの拒絶反応を抑えることです。この治療が用いられる病気としては、白血病などが挙げられます。全身照射は、12Gy/6Fr./3日の線量が用いられます。最近は、ミニ移殖の際に用いられることが多く、その場合には、2-4Gy/1-2Fr./1日などの線量が用いられます。

用語解説
悪性リンパ腫 : リンパ系組織から発生する悪性腫瘍
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法