九州大学病院のがん診療

造血器悪性腫瘍

薬物治療(急性白血病)

1.急性白血病の寛解導入療法とは?

急性白血病の場合、全身にがん細胞が広がっているため、手術や放射線などで治すことは困難です。しかし、他のがんに比べ、急性白血病は抗がん剤が効きやすい病気です。進行が早いため、診断がつきしだい一刻も早く、抗がん剤治療(化学療法)を開始する必要があります。まず、寛解導入療法を行います。これは、骨髄中に白血病細胞がいない完全寛解状態(白血病細胞が5%以下)を目標とした強力な化学療法です。正常の造血が回復するまで、約1か月かかります。寛解導入療法で完全寛解が得られても、まだ体内に多くの白血病細胞が残っています。白血病の治癒のためには、完全に白血病細胞を根絶させること(Total cell kill)が必須とされています。したがって、寛解導入療法後、さらに寛解後療法(地固め療法、維持療法、あるいは造血幹細胞移植)を行います。

2.寛解後療法とは?

予後良好や中間群の人は、化学療法を継続して行っていきます。白血病細胞中に特定の染色体異常がみられたり、完全寛解まで時間がかかった場合には、再発の危険が高いことがわかっています。このような予後不良(治療見通し)群の人は、地固め療法の段階で造血幹細胞移植を行います。さらに、分子生物学的な検査法の進歩により、体内に残存する微小なレベルの白血病細胞(微小残存病変:MRD)の有無を測定することで、治療の方針を決定することもできるようになりました。急性リンパ性白血病や一部の急性骨髄性白血病では、脳や脊髄(中枢神経)に白血病細胞が浸潤することがあります。抗がん剤は中枢神経に移行しにくいため、直接抗がん剤を中枢神経系に投与する髄腔内注射や放射線療法を、寛解後療法中に行うことがあります。

3.化学療法の副作用は?

抗がん剤共通の副作用である嘔気や骨髄抑制が、白血病の治療でも認められます。嘔気は、制吐剤により軽減することができます。骨髄抑制とは、抗がん剤が正常な造血細胞にも障害を与えるため、白血球、赤血球、血小板が減少することをいいます。白血球がゼロ近くまで減少するので、感染症を予防するために、しばしば無菌室で治療が行われます。最近では、G-CSFという薬剤を使って白血球の数を速やかに回復させることができるようになりました。赤血球が減少すると動悸や息切れなどが、血小板が減少すると出血をおこしやすくなるので、赤血球や血小板輸血を行います。病型(骨髄性かリンパ性か)で違った抗がん剤を使用します。化学療法では、薬剤によって特徴的な副作用がある数種類の抗がん剤を併用して使うので、専門医による十分な管理が必要になります。

4.分子標的治療とは?

近年、がん細胞を直接狙った分子標的治療が注目されています。急性白血病の治療は、がん治療の中で、その先駆けをなしてきました。予後良好である「急性前骨髄球性白血病」では、寛解導入療法としてレチノイン酸(ビタミンA)を内服して、白血病細胞を成熟した白血球に分化させる「分化誘導療法」を行い、完全寛解を目指します。化学療法のみでは極めて予後不良であった「フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病」では、白血病の原因であるフィラデルフィア染色体異常に直接作用するイマチニブやダサチニブという内服薬を化学療法と併用することで、治療成績が改善しています。

骨髄異形成症候群は、血球減少をおこし将来急性白血病に移行することを特徴とする造血器腫瘍です。その中でも芽球という悪い細胞が増加して白血病に近い状態にある患者さんでは、アザシチジンという薬が有効なことがわかってきました。これまで抗がん剤といえば細胞の染色体(遺伝子DNA)を切断することが特徴でしたが、このお薬は、染色体のメチル化という特殊な修飾をおさえることが主な機序であり、吐き気や脱毛、血球減少などの副作用が強くないのが特徴です。海外の報告で、約半数の患者さんで血球が回復し、4分の1の患者さんに芽球の減少が認められています。

その他にも多くの新しい薬剤が開発されており、白血病の治療は、さらなる成績の向上を目指して、今後大きく変わっていくと期待されています。

5.九州大学病院の特徴は?

急性白血病は、病型や予後によって、治療方法が違います。化学療法、分子標的薬、造血幹細胞移植に熟練した専門医師が常時10名前後の体制で診療しており、すべての治療方法に対応可能です。適切な時期に、適切な白血病治療を提供できる体制を整え、治癒を目指します。

急性白血病の臨床経過と
微小残存病変(MRD)

急性骨髄性白血病の
治療の流れ

急性リンパ性白血病の
治療の流れ

用語解説
寛解導入療法 : がんの症状や徴候を軽減、消失させることを目的とした抗がん剤による治療法
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
骨髄抑制 : 抗がん剤などによって骨髄内の正常血球細胞の産生が障害されること
分子標的治療 : 癌に関与する遺伝子や遺伝子産物を標的とした薬剤による治療法