九州大学病院がん生殖医療について

  1. HOME
  2. 九州大学病院がん生殖医療について

はじめに

医学の進歩とともに、新しい治療が開発され、多くのがん患者さんが病気を克服し、その後の人生を豊かに生活できるようになってきました。しかし、若年者のがん治療は時に性腺機能不全、妊孕性(妊娠する能力)の消失、早発閉経につながることがあります。

妊孕性温存療法は、若年がん患者さんの将来の妊娠の可能性を残しつつ、希望を持ってがん疾患と闘うことを目標として行う医療です。

現在の妊孕性温存療法は、がん治療開始前から対策をとる必要があることが多く、患者さん、配偶者、ご家族、主治医と連携しながら、短期間に治療選択を行なっていくことになります。しかし、多くの患者さんは病気のことで頭がいっぱいになり、次々と生じてくる問題に対してたくさんの不安を抱え、将来の妊娠や子育てのことまで考える余裕がありません。また、がん治療を早期に始めなくてはならないという背景から、時間的な余裕もありません。そのような状況ですので、私たちは疾患治療後の将来を考えるお手伝いをしたいと考えています。

ただし、あくまでがん治療が最優先です。全ての患者さんが妊孕性温存治療を行うことができるわけではありません。主治医の先生が妊孕性温存を考慮することが可能だと判断した場合に治療を行なっていきます。

具体的な治療内容は、初潮やパートナーの有無によって卵子凍結もしくは胚凍結を行います(当院では、卵巣凍結は行なっておりません)。そして、がん治療を終えたのち主治医の先生から妊娠許可が降りた際には、凍結卵子を融解して顕微受精を行います。その受精した胚が順調に発育したら子宮内に移植します。凍結胚を保存している場合は、融解後子宮内に移植します。移植後の妊娠率には採卵時の年齢や卵子の質などが大きく影響します。高齢での妊娠リスクが高くなることや卵子・胚凍結を行なっても結果が出ず、妊娠まで至らない可能性が高くなることから、当院では40歳未満を目安に考えています。

当院の特徴

九州大学病院には多数の診療科があり様々な分野のがん治療を行なっています。それと同時に産婦人科では高度生殖医療も行なっています。診療科間の連携が取りやすいという特徴がありますので、がんの診断、がん治療、妊孕性温存治療、それらを一つの病院で円滑に、そして継続して治療することができます。また、他院でがん治療を受けられる方についてもご相談に応じます。

受診の流れ

患者様へ

医療関係者の方々へ

当院でがん治療をされている医師→当院婦人科外来へご連絡下さい。

他院の医師→九州大学病院がん相談センター(092-642-5200)へご連絡ください。