九州大学病院のがん診療

がん薬物療法部会

まとめ

抗がん薬の効果を十分に発揮するためには、医療従事者がその副作用に関する知識を習得するとともに、その予防・対処法にも精通しておく必要があります。早期発見により安全に薬物療法を継続することができる副作用、致死的・永続的であるために厳重な監視と早急な対応が必要な副作用、経過観察しておけば自然軽快する副作用など、その対応もさまざまです。
がん薬物療法部会は、安全かつ適切ながん薬物療法の恩恵を患者さんが受けることができるように、多職種からなるチームで実践する副作用管理を通して、がん薬物療法の質向上に努めていきます。