九州大学病院のがん診療

乳がん

内科的治療

乳がんに対する治療手術前の抗がん剤治療

腫瘤が大きい(3cm以上)ある場合や、リンパ節転移がある場合は、手術の前に抗がん剤治療を行う場合があります。手術前に抗がん剤治療を行う利点は、しこりが小さくなれば、乳房温存手術が可能となる点、また薬の効き目を乳房のしこりで確認できる点です。ただし5〜10%程度の方では抗がん剤に反応せずしこりが大きくなってしまうことがあります。抗がん剤を手術前に行っても、手術後に行っても生命予後という点では差がありません。病状の進行状況に従い、適切な治療スケジュールを計画することが大切です。

手術後の薬物治療(ホルモン治療、抗がん剤治療、ハーセプチン治療)

①再発予防の治療がなぜ必要か?

手術によって取り除くことができるのは目に見えるしこりです。目に見えないがん細胞は体に残っていて(微小転移といいます)、それが時間とともに大きくなり再発という形で現れることがあります。乳房以外の臓器に転移・再発すると、病気を根治(完全に治す)することは非常に難しくなります。再発の危険性が低くないと考えられる場合は、根治をめざして手術後に薬物治療をお勧めします。

②手術後のホルモン治療
ホルモン治療は腫瘍にホルモン感受性(女性ホルモンの影響を受けて育つタイプ)がある場合に行います。ホルモン治療は女性ホルモンやその働きをブロックすることによりがんの増殖を抑えます。閉経前の方と閉経後の方では薬が異なります。閉経前の方はがん細胞に女性ホルモンが働かないようにする薬(抗エストロゲン剤)を5年間毎日内服します。また、卵巣の働きを休めて生理をとめる薬(LH-RHアゴニスト)を4週間もしくは12週間に1回、お腹の皮下脂肪に注射することがあります。閉経後の方は卵巣からは女性ホルモンはほとんど出ませんが、副腎から出るアンドロゲンというホルモンを脂肪組織から出るアロマターゼという酵素が女性ホルモンに変化させます。このアロマターゼを抑える薬(アロマターゼ阻害剤)、または抗エストロゲン剤を5年間内服します。最近は10年間内服した方が良いというデータも出てきており、内服期間が変更となる可能性があります。副作用は抗がん剤に比べると軽いのですが、更年期症状に似た、ほてり・発汗・けだるさが出ることがあります。また特にアロマターゼ阻害剤を内服した時は骨粗しょう症や関節が痛くなることがあります。
③手術後の抗がん剤治療
再発の危険性が比較的高いと考えられる場合、またはホルモン療法の適応がない場合に行います。具体的には「リンパ節転移がある」「がん細胞の顔つきが悪い」「ホルモン剤が効かないタイプ」「がんが血管・リンパ管に入っている」「しこりが大きい」「がん細胞の表面にHER2(ハーツー)という蛋白がある」などが目安になります。抗がん剤は主に3週に1回点滴します。どの抗がん剤を使うかは再発する危険性、患者さんの希望や体の状態と相談して決定します。抗がん剤の治療は3ヶ月〜約半年かかります。主な副作用は脱毛・吐き気・骨髄抑制(免疫力の低下)などがあります。脱毛は抗がん剤開始から約2週間で始まり、体中の毛が抜けます。ただし、すべての抗がん剤が脱毛するわけではありません。そして、抗がん剤の治療を終了すると、髪質が変化することはありますが、また生えてくることがほとんどです。吐き気については個人差があります。抗がん剤投与前にアレルギー防止や吐き気止めのお薬を点滴し、点滴終了後も数日間、吐き気止めを内服していただきます。抗がん剤の種類によっては吐き気が出ないものもあります。最近は効果の高い吐き気止めが開発されており、以前に比べかなり抑えることが可能になりました。骨髄抑制は点滴後1週間から2週間後に起こります。抗がん剤治療により細菌・ウイルスと戦うための白血球が減り、感染に対する抵抗力が落ちます。抗がん剤治療中は十分な栄養をとり、風邪を引かないような工夫が必要です。
④手術後のハーセプチン治療
がん細胞の表面にHER2という蛋白が見られる方が対象です。ハーセプチンはこのHER2からの増殖信号を抑える、新しいタイプのお薬(分子標的治療薬)です。3週間に1回の点滴を1年間続けます。副作用はホルモン剤・抗がん剤と比べ軽いですが、初めての治療のときに発熱・血圧低下が見られる場合があるのと、心臓の働きを抑えることがあり、投与前・投与中に心臓の状態を定期的に調べる必要があります。

再発に対するお薬の治療

手術を行った後にしばらくしてから、体の中に残ったがん細胞が徐々に増え、再発という形で現れることがあります。がん細胞は全身に広がっていると考えますので、原則として全身治療すなわちお薬の治療を行います。お薬の治療は、がんの広がりや乳がんの性質に応じて選択されます。がんが乳房以外の臓器に転移している場合には病気を完全に治すことは困難です。がんがこれ以上進行しないようにすること、転移によって出る痛みなどの症状を和らげ、なるべく日常生活を支障なく送ることができるようにすることが治療の目標となります。治療にあたっては治療効果と副作用のバランス、そして何よりも患者さん自身のご意見が重要です。日ごろから担当医とよくコミュニケーションをとり信頼関係を築くことが非常に大切です。
用語解説
骨髄抑制 : 抗がん剤などによって骨髄内の正常血球細胞の産生が障害されること
分子標的治療薬 : 癌に関与する遺伝子や遺伝子産物を標的とした薬剤による治療法