九州大学病院のがん診療

頭頸部がん

外科的治療

口腔癌

T1、T2で頸部に転移していないものは、局所の手術による切除(舌部分切除)の適応です。頸部に転移している場合は、舌の腫瘍と頸部に転移したリンパ節を一塊として切除する舌腫瘍摘出、および頸部郭清術を行います。この場合、切除された舌を大胸筋皮弁、腹直筋皮弁、前外側大腿筋皮弁などで再建が必要になることが多いです。そしゃくを含む嚥下機能、音声・構音機能などの生存およびQOLに関係する重要な機能を保存することを重視しています。病気の進行度に応じて放射線療法や化学放射線療法(抗がん剤と放射線治療を組み合わせた治療)を追加することがあります。

喉頭癌

早期の喉頭癌に対しては、基本的には腫瘍が一側の声帯突起より前方に限局していればCO2レーザーなどによる切除を中心に行いますが、さらに拡がりを認めれば放射線治療を行います。本人のADL等を考慮して、治療方針を決定します。放射線治療を行う場合(T1では単独照射で、T2では化学放射線療法)、治療終了後に病変が消失しない場合は、外科的切除(喉頭部分切除術、喉頭亜全摘術、喉頭全摘術)を行います。

進行例においては、まず導入化学療法を行います。導入化学療法で治療効果がある場合は、根治照射(抗悪性腫瘍薬併用療法)を行います。根治照射後に腫瘍が残存した場合や導入化学療法で治療効果がない場合は、外科的治療(喉頭亜全摘術、喉頭全摘術)を行います。頸部リンパ節転移を認める場合は頸部郭清術を行います。また、放射線未治療例では、進行度に応じて術後放射線治療、術後化学放射線治療を施行する場合があります。進行度にかかわらず、癌の根治と音声機能温存を第一に考えた治療方針をとっています。喉頭全摘術が必要となった場合には代替音声(電気喉頭、気管食道シャント法)などでコミュニュケーションをとっていただくことになります。

上顎癌(副鼻腔癌)

上顎癌は、T1、T2で見つかる事はまれで、T3以上になって発見されることが一般的です。まず手術によって腫瘍を摘出します。この際、各種の皮弁や骨弁を用いて、顔面の整容を維持することもあります。もし頸部に癌が転移している場合は頸部郭清術で除去します。進行度に応じて術後化学放射線療法を追加することがあります。近年、根治切除困難な症例に対してはより強力なSeldinger法による超選択的動注化学療法を併用した上で、上記のような外科治療(再建含む)を行うことがあります。

上咽頭癌

上咽頭癌は頸部リンパ節転移が出現してから発見されることが多いのが特徴です。上咽頭腫瘍を手術によって完全切除を行うことは困難ですが、放射線や抗悪性腫瘍薬の効果が高いので、化学放射線療法を優先します。当科ではまず導入化学療法を行った上で、抗悪性腫瘍薬を併用した放射線治療を行っています。頸部転移に対しては、頸部郭清術を行います。また抗悪性腫瘍薬による維持化学療法を行います。その結果、全国的にみても良好な治療成績を認めており、3年粗生存率は90%を超え、さらに治療完遂率も92.9%と高い事がわかりました。

中咽頭癌

早期のものでは経口的に切除を検討します。局所進行中咽頭癌の治療では、そしゃく、嚥下や音声機能を温存するために導入化学療法を行った上で放射線治療(抗悪性腫瘍薬併用)を行います。病変が消失しない場合は腫瘍の切除を行います。頸部にリンパ節転移がある場合は、なるべく原発の癌と頸部のリンパ節を一塊として切除します。切除による欠損は、大胸筋皮弁、腹直筋皮弁、前外側大腿筋皮弁などで再建し機能を保存します。根治切除困難な症例(特に前壁型)に対してはより強力なSeldinger法による超選択的動注化学療法を併用した上での放射線治療を行うことがあります。

下咽頭癌

早期癌では、経口的に内視鏡下あるいはビデオスコープ下に切除を検討します。進行癌に対しては放射線、化学療法も併用した集学的治療が中心となります。部位や進行度によっては喉頭を温存する部分切除を選択することもあります。進行症例では導入化学療法を行った上で抗悪性腫瘍薬併用放射線治療を行います。この治療によって腫瘍が消失しない場合、咽頭喉頭頸部食道切除術(咽喉食摘)を行います。欠損部位には小腸(空腸)を用いて、顕微鏡下に血管吻合を行うことで咽頭・食道を再建する術式を多く行っております。

唾液腺癌

唾液腺癌(耳下腺癌、顎下腺癌)は顔面神経を極力温存しながら切除を行ことが基本です。しかしながら多彩な病理組織型が存在し、それぞれ悪性度が全く異なりますので、切除範囲、治療方針は症例ごとに検討する必要があります。

甲状腺癌

甲状腺癌の記載を参照してください。

以上いずれの部位でも、頸部リンパ節に転移がある場合や、治療に抵抗し、残存したリンパ節転移巣、治療後に新たにリンパ節腫大が出現した場合は、頸部郭清術(周囲組織とともに決められた範囲のリンパ節を一塊として取り除くこと)を施行します。

用語解説
皮弁 : 血流のある皮膚・皮下組織や深部組織のこと
QOL : 「生活の質」または「生命の質」。満足のいく生活を送ることができているかを評価する概念。
化学放射線療法 : 抗がん剤と放射線を組み合わせて行うがんの治療方法
ADL : 日常生活動作・活動。日常生活を送る上で必要となるさまざまな行為・行動のこと
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
Seldinger法 : 血管造影検査を行う時の手技
超選択的動注化学療法 : 正常組織に障害を与えることがないように、悪性腫瘍を栄養する血管に対してのみ抗がん剤を注入する治療
集学的治療 : 外科的治療、化学療法、放射線療法などの複数の治療方法を組み合わせて行うがんの治療法