九州大学病院のがん診療

頭頸部がん

内科的治療

頭頸部癌では化学療法単独での根治は期待できません。当科では進行癌症例に対して導入化学療法(放射線治療や手術をする前に、局所病変の縮小を期待して前もって化学療法を行うこと)を行い、治療効果を高めています。また進行上顎癌に対する動注化学療法(大腿動脈からカテーテルを挿入し、患部へ直接抗癌剤を注射する治療)も行っています。一方、再発や転移を来した症例には、通常の抗がん剤だけでなく、抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体のセツキシマブや、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1抗体のニボルマブもしくはペンブロリズマブを治療に用いています。免疫チェックポイント阻害薬の効果として、従来の抗がん剤では考えられないほど長い期間、病気の進行が抑制される場合も経験します。ただ免疫関連有害事象という特有の副作用が現れることがあります。当院は、院内全体で連携し、免疫関連有害事象に対応する体制を整えております。
最近では、遺伝子パネル検査が保険適応になり、がんでどのような遺伝子異常が生じているか調べられるようになりました。このような遺伝子パネル検査も、患者さんの状況に応じて行っております。

用語解説

化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
動注化学療法 : 動脈に直接、抗がん剤を注入する方法。
カテーテル : 体腔や消化器などの体内容物の排出・採取、薬物の注入目的に使用される細い管
免疫チェックポイント阻害薬 : 免疫療法のひとつ。がん細胞により抑制されていた免疫機能を活性化させる。