九州大学病院のがん診療

卵巣がん

外科的治療

卵巣がん根治術

治療の基本は手術療法と化学療法との複合療法です。初回治療は手術療法で、組織診断(組織型・分化度)と臨床病期(ステージ)の決定を行います。手術は可能な限り病変を除去する主たる目的と、正確に進行期を決定する副次的目的で行います。単純子宮全摘出術、両側付属器摘出術、大網切除術が基本術式であり、進行期決定のため、骨盤リンパ節郭清、傍大動脈リンパ節郭清(時に生検)を行います。虫垂切除術も行うことが多く、その他お腹の中に病巣があれば、徹底的な摘出を目指します。そのため、卵巣がん根治術は腫瘍減量術とも呼ばれますが、残存腫瘍の大きさを1cm以下にすることを目標とします。これは残存腫瘍が小さければ小さいほど、手術後の化学療法(抗がん剤治療)が良く効くからで、残存病巣を減らすために腸管切除、肝臓切除、脾臓摘出などを行うこともあります。がんが進行しており、手術を行っても多くの腫瘍が残ってしまうこと、多臓器を摘出する拡大手術が予想される場合は、最初に化学療法(術前化学療法)を行い、腫瘍を小さくして(化学療法の効果を見ながら)手術を行う場合もあります。若年で将来の妊娠を希望される患者さんの場合、腫瘍の組織型(顕微鏡で見た時のかたち)と早期の進行期である場合、またその他の条件を満たせば、子宮と病巣の無い付属器(卵巣と卵管)の温存ができることがあります。

用語解説
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
病期 : 疾病の経過をその特徴によって区分した時期