九州大学病院のがん診療

卵巣がん

放射線治療

現在、卵巣がんに対する治療は手術療法と化学療法を組み合わせて行うことが主流であり、放射線治療の適応は非常に限られています。具体的には、化学療法抵抗性の再発卵巣がんなどの症例において、有効な化学療法が無い場合に稀に放射線治療が行われることがありますが、病巣が局所にとどまる症例に限定されます。また、再発・転移症例における疼痛緩和を目的として、病巣局所に対する放射線治療が行われることもあります。

用語解説
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法