九州大学病院のがん診療

前立腺がん

放射線治療

根治治療としては下記の3通りの方法に加え、重粒子線治療などの粒子線治療があります。いずれも副作用として、頻便や排便痛、出血、頻尿や排尿痛などがありますが、重篤なものは少ないです。

 

外照射療法

体外から前立腺に放射線を照射します。現在は、強度変調放射線治療(Intensity ModulatedRadiotherapy:IMRT)という高精放射線治療を標準治療としています。総線量72-76Gyの照射を行い、さらなる局所コントロール率の向上、直腸・肛門等に対する消化管毒性の低減が可能となってきています。一般的には週5回で7週間前後を要し、外来通院治療が可能です。

密封小線源療法(組織内照射法)

放射線を放出する小さな針(ヨード125アイソトープ)を前立腺へ埋め込む治療法です。麻酔下に超音波で確認しながら、会陰(睾丸と肛門の間)からアイソトープを埋め込む手術で、手術時間は約2時間、入院は1週間です。一般的に、外照射より副作用が少ない利点がありますが、治療直後は、排尿障害が出やすい傾向があります。リスク分類や前立腺の大きさに応じて、ホルモン治療や外照射療法を併用します。

アイソトープ治療

放射線を放出するお薬を定期的に注射し、体内から放射線治療を行います。ホルモン治療が効かなくなり、骨に転移がある患者さんに対して、ラジウム-223治療により、骨転移による痛みの緩和や生存期間の延長効果が示されています。一般的にホルモン療法などの併用が必要です。

用語解説

重粒子線治療 : 重粒子線を使い、がん細胞だけを集中して照射する治療。
強度変調放射線治療 : 腫瘍の形状に合わせた線量分布を形成することで、正常組織の被ばく線量をより低減し腫瘍部分に集中的に照射することができる照射方法
IMRT : 強度変調放射線治療。腫瘍の形状に合わせた線量分布を形成することで、正常組織の被ばく線量をより低減し腫瘍部分に集中的に照射することができる照射方法