九州大学病院のがん診療

腎盂尿管がん

内科的治療

腎盂尿管がんに対する内科的治療として主なものに以下の二つがあります。一つは、がんの局所治療として行うBCG(ウシ型弱毒結核菌)あるいは抗がん剤の注入療法で、もう一つは全身療法として行うがん化学療法です。

BCG腔内注入療法あるいは抗がん剤腔内注入療法

腎盂尿管がんの中でも上皮内がんといって上皮内のみに広がるがんがある場合に、尿管内にステントという細い管を入れ、この管を通してBCGを注入します。副作用として、発熱や排尿時痛が起こることがあります。また、腎機能が悪いなどの理由で腎尿管全摘除術が難しい場合などに、前述の経尿道的腎盂尿管腫瘍切除術と組み合わせて抗がん剤の注入や、BCGの注入を行うことがあります。

全身化学療法

点滴等により抗がん剤を投与して行う治療です。腎盂尿管がんで転移のある場合や手術後に再発した場合などで行われる全身に対する治療です。一般的には、進行膀胱がんでも行われる数種類の抗がん剤を組み合わせて使う多剤併用化学療法(GC療法あるいはM-VAC療法)が行われます。また、手術前にリンパ節転移や浸潤が疑われるような進行がんの場合に、術前補助化学療法として抗がん剤治療を行い、その効果をみて手術を行うこともあります。一方、手術後の組織検査の結果、周囲の脂肪組織へがんが進展している場合、血管やリンパ管などにがんが入り込んでいる場合などは、再発の危険性が高くなることが知られているため補助化学療法といって予防的に抗がん剤治療を行うこともあります。

免疫チェックポイント阻害薬

私たちの体に備わっている免疫の機能には、発生したがん細胞を異物として排除する働きがありますが、がん細胞はその免疫機能にブレーキをかけ排除されないようにしていることがあります。免疫チェックポイント阻害薬は、このブレーキをかけられないように阻害する薬で、切除不能あるいは転移のある尿路上皮がんに対して全身化学療法を行っても進行する場合に使用します。
用語解説

BCG : 結核予防用のワクチン
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
GC療法 : 塩酸ゲムシタビン+シスプラチン併用療法
M-VAC療法 : メソトレキセート+ビンブラスチン+ドキソルビシン+シスプラチン併用療法

免疫チェックポイント阻害薬 : 免疫療法のひとつ。がん細胞により抑制されていた免疫機能を活性化させる。