九州大学病院のがん診療

子宮がん

診断

子宮頸がん

1)子宮頸部細胞診

主に子宮がん検診で行われている検査です。子宮頸部表面全体を擦りその部分の細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞や前がん病変の有無を検査します。

2)腟拡大鏡検査(コルポスコープ)

細胞診で異常が出た場合、コルポスコープという拡大鏡で、子宮頸部粘膜表面を拡大して観察します。異常があれば、その部位より組織検査を行います。

3)子宮頸部組織診(生検)

子宮頸部の一部を採取し顕微鏡で検査します。組織診はより精密な検査で、前がん病変である異形成の程度(軽度・中等度・高度)や、がんの進行度(上皮内がんや微小浸潤がん・浸潤がん)を診断します。

4)子宮頸部円錐切除術

子宮頸部を円錐状に切除して検査します。病変が子宮口の奥にあり組織診のみでは診断が不十分な場合や、がんが疑われても上皮内がん・微小浸潤がん・浸潤がんの判別がつかない場合等、主として検査目的で行います。また異形成や上皮内がんの場合には本手術が治療となる場合もあります。通常短期入院で行います。

5)画像診断

組織診で子宮頸がんと診断されたら、病巣の大きさと拡がりを調べます。内診と各種の検査(膀胱鏡検査、直腸鏡検査、胸部X線検査、尿路造影検査、CT検査、MRI検査など)を行い、がんが近くの組織に浸潤していないか、遠くに転移していないかを調べます。

子宮体がん

1)子宮内膜細胞診

主に子宮体がん検診で行われている検査です。子宮内腔に細長い器具を挿入して子宮内膜の細胞を採取し、顕微鏡でがん細胞や前がん病変の有無を検査します。

2)子宮内膜組織診(生検)

子宮内腔に細長い器具を挿入して子宮内膜の一部を採取し、顕微鏡で検査します。組織診はより精密な検査で、前がん病変である子宮内膜増殖症の程度、体がんの悪性度(グレード)を診断します。外来での検査では診断が難しい場合、入院して麻酔下により広範囲の組織検査(子宮内膜全面掻爬術)を子宮鏡検査(内視鏡検査)と共に行うこともあります。

3)画像診断

組織診で子宮体がんと診断されたら、病巣の大きさと拡がりを調べます。内診と各種の検査(超音波検査
、CT検査、MRI検査など)を行い、がんが子宮の筋層や頸部まで浸潤していないか、遠くに転移していないかについて調べます。

子宮頸がんの進行期分類(日産婦2011、FIGO2008)

I期:がんが子宮頸部に限局するもの(体部浸潤の有無は考慮しない)

 IA期:組織学的にのみ診断できる浸潤がん

  IA1間質浸潤の深さが3mm以内で、広がりが7mmをこえないもの

  IA2期:間質浸潤の深さが3mmをこえるが5mm以内で、広がりが7mmをこえないもの

 IB期:臨床的に明らかながんが子宮頸部に限局するもの、または臨床的に明らかではないがⅠA期をこえるもの

  IB1期:病巣が4cm以内のもの

  IB2期:病巣が4cmをこえるもの

Ⅱ期:がんが子宮頸部をこえて広がっているが、骨盤壁または腟壁下1/3には達していないもの

 ⅡA期:腟壁浸潤が認められるが、子宮傍組織浸潤は認められないもの

  ⅡA1期:病巣が4cm以内のもの

  ⅡA2期:病巣が4cmをこえるもの

 ⅡB期:子宮傍組織浸潤の認められるもの

Ⅲ期:がんが骨盤壁にまで達するもの、または腟壁下1/3に達するもの

 ⅢA期:腟壁浸潤は下1/3に達するが、子宮傍組織浸潤は骨盤壁にまでは達していないもの

 ⅢB期:がんが骨盤壁にまで達しているもの、または明らかな水腎症や無機能腎を認めるもの

Ⅳ期:がんが小骨盤腔をこえて広がるか、膀胱、直腸粘膜を侵すもの

 ⅣA期:膀胱、直腸粘膜への浸潤があるもの

 ⅣB期:小骨盤腔をこえて広がるもの

子宮体がんの進行期分類(日産婦2011、FIGO2008)

Ⅰ期:がんが子宮体部に限局するもの

 IA期:浸潤が子宮筋層1/2以内のもの

 IB期:浸潤が子宮筋層1/2を超えるもの

Ⅱ期:がんが頸部間質に浸潤するが、子宮を超えていないもの

Ⅲ期:がんが子宮外に広がる、小骨盤を超えていないもの、または所属リンパ節へ広がるもの

 ⅢA期:子宮漿膜ならびに/あるいは付属器を侵すもの

 ⅢB期:腟ならびに/あるいは子宮傍結合織へ広がるもの

 ⅢC期:骨盤リンパ節ならびに/あるいは傍大動脈リンパ節転移のあるもの

  ⅢC1期:骨盤リンパ節陽性のもの

  ⅢC2期:骨盤リンパ節への転移の有無にかかわらず、傍大動脈リンパ節陽性のもの

Ⅳ期:がんが小骨盤腔をこえているか、明らかに膀胱あるいは腸粘膜を侵すもの、あるいは遠隔転移のあるもの

 ⅣA期:膀胱ならびに/あるいは腸粘膜浸潤のあるもの

 ⅣB期:腹腔内ならびに/あるいは鼠径リンパ節転移を含む遠隔転移のあるもの

用語解説
CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
MRI : 強い磁石と磁気を利用して体の内部を検査する機器
超音波検査 : 超音波を当て、反射する反射波を画像処理し臓器の状態を調べる検査
水腎症 : 様々な原因によって尿流を妨げ、腎盂・腎杯の拡張した状態