九州大学病院のがん診療

膀胱がん

内科的治療

膀胱内注入療法

筋層非浸潤性がんではTURBT後に膀胱の中に腫瘍が再発することが多いため、再発を予防する目的で膀胱内へ抗がん剤を注入することがあります。抗がん剤を膀胱内へ入れても血液中には入らないため、吐き気や脱毛などの副作用はなく、頻尿など軽い副作用があるだけです。また、上皮内癌という特殊な型や、再発リスクが特に高い場合にはBCGを膀胱内へ入れる治療も広く行われています。

抗がん剤による全身化学療法

転移や全摘後の再発がある場合は、抗がん剤による治療を行います。以前はM-VAC療法といわれる4種類の抗がん剤が第一選択でしたが、近年では効果がほぼ同じで副作用の少ないGC療法(ゲムシタビンとシスプラチン)が第一選択薬剤となっています。また、治癒の可能性を高めるために手術の前または後に抗がん剤による化学療法を行うこともあり、補助化学療法と呼ばれています。

免疫チェックポイント阻害薬

私たちの体に備わっている免疫の機能には、発生したがん細胞を異物として排除する働きがありますが、がん細胞はその免疫機能にブレーキをかけ排除されないようにしていることがあります。免疫チェックポイント阻害薬は、このブレーキをかけられないように阻害する薬で、切除不能あるいは転移のある尿路上皮がんに対して全身化学療法を行っても進行する場合に使用します。

用語解説

BCG : 結核予防用のワクチン
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
M-VAC療法 : メソトレキセート+ビンブラスチン+ドキソルビシン+シスプラチン併用療法
GC療法 : 塩酸ゲムシタビン+シスプラチン併用療法
免疫チェックポイント阻害薬 : 免疫療法のひとつ。がん細胞により抑制されていた免疫機能を活性化させる。