九州大学病院のがん診療

胃がん

診断

胃X線検査

胃X線造影検査は、造影剤(バリウム)を飲んで、胃の中をレントゲンで写し出す検査です。主に胃がん検診として昔から幅広く行われています。九州大学病院では、胃がんと診断され紹介される患者さんがほとんどであるために、精密検査として胃X線検査を行います。この検査は胃がんの広がりや進行の程度が一目でわかるという、内視鏡にはないメリットがあります。とくにスキルス胃がんの評価には最も優れた検査と言えます。詳しく胃がんを見るために、鼻から胃内に細いチューブを挿入して、体の向きを細かく変えながら撮影します。鎮静剤(麻酔で眠った状態で検査をする)を使うことはできません。

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は、内視鏡を口から胃内に挿入して、胃の中を直接見る検査です。胃がん検診では鼻から挿入する経鼻内視鏡を用いることが多いですが、精密検査には適していません。内視鏡検査は胃の中を空にして行う必要があるため、当日は絶食の状態で来院していただきます。内視鏡が喉を通るときの苦痛を取り除くためにスプレーなどで直接喉の麻酔をしますが、完全に取り除くことはできません。鎮静剤(麻酔で眠った状態で検査をする)を使用することもできますが、効き具合には個人差があります。なお当院では鎮静剤を使用した場合、その後は車の運転を控えていただきます。内視鏡検査では、がんの大きさや広がりを評価し、組織の一部を採取(生検)します。また、より細かく見るために特殊な光(狭帯域光観察)と拡大機能を使用し、がんの深さを診断するために超音波内視鏡という専用の装置を使用します。

コンピュータ断層撮影法(CT

CTとは、コンピュータを用いて身体の断面像を撮影するX線検査の一種です。胃がんの場合は、胃の周りにあるリンパ節への転移、あるいは肝転移の有無など全身を調べることで、胃がんの進行度を判定します。胃がんの精密検査では、血管や臓器のコントラストを強調する必要があるため、ヨード造影剤という薬液を血管に注射して撮影します。なお当院のCTは最新鋭の機器であり、短時間の撮影で高精細な画像を得ることができます。

ポジトロン断層撮影法(PET

PETとは、放射性物質を注射した後に身体全体を撮影してその広がりを調べる検査です。一般的にはブドウ糖類似の放射性物質であるFDGを注射します。がん細胞は正常の細胞より盛んにブドウ糖を取り込むという性質があるため、FDGも多く取り込まれます。FDGが多く集まった場所や濃度を評価することで、がんの広がりや転移巣を明らかにすることができます。この検査は、CTでは見つけにくい小さな病変を検出できるというメリットがあります。

用語解説
超音波内視鏡 : 超音波診断装置を伴った内視鏡
CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
PET : がん細胞だけに集積する検査薬を体内に取り込み専用の装置で体を撮影する画像診断法