九州大学病院のがん診療

膵がん

外科的治療

当院は膵がんを含めて膵切除術を年間約100例行う全国有数の施設です。膵がんには浸潤性膵管がん(通常型膵がん)、膵管内乳頭粘液性腫瘍(腺がん)、神経内分泌がん、その他悪性嚢胞性腫瘍肉腫などがあります。膵がんの手術は膵頭部に存在する場合には(幽門輪温存、亜全胃温存)膵頭十二指腸切除術を、膵体尾部に存在する場合には膵体尾部切除術を原則的に行い、疾患に応じてリンパ節郭清を付加します。また根治性が望める場合には膵全摘術も行っています。腹腔鏡下膵切除術やロボット支援下膵切除術も積極的に行っております。切除不能膵頭部がんの場合には、黄疸や消化管通過障害の予防を目的としたバイパス術(胆道バイパス術+胃空腸吻合バイパス術)を行い、化学療法を計画通りに行えるよう配慮しています。

浸潤性膵管がん

原則的にD2リンパ節郭清を伴う膵切除術を行っており、必要に応じて門脈などの血管合併切除・再建も行います。最新の臨床試験の結果を受け、生存率の向上を目的とした術前化学療法を原則行うようにしています。切除術後にもS-1もしくはジェムザールによる補助化学療法を行っています。最近では高度局所進行膵癌に対する重粒子線治療も行っております。手術は開腹手術が基本ですが、病変の進行具合に応じて腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(2020年4月保険収載)や腹腔鏡下膵体尾部切除術(2016年4月保険収載)が行われることもあります。

当院での2012年1月から2019年12月までの浸潤性膵管がん345切除例の成績を図1に示します。5年生存率はⅠ;64%(36例)、ⅡA;51%(95例)、ⅡB;29%(191例)、Ⅲ・Ⅳ;42%(23例)です。

膵管内乳頭粘液性腫瘍

予後の良い膵がんとして本邦で初めて報告され、現在は世界中で注目を集めている疾患です。低異型(low-grade dysplasia;LGD)、中等度異型(intermediate-grade dysplasia;IGD)、高度異型(high-grade dysplasia;HGD)の非浸潤腫瘍から、浸潤癌(invasive adenocarcinoma;INV)へ進行していくことを特徴とし、ガイドラインに示してある悪性を示唆する所見を有する際に切除術が勧められます。良性腫瘍でも膵炎などの症状を有する場合には切除術の対象となります。これまでの当院での切除例数は381例で、世界的にも有数なものです。悪性度の内訳はLGD 125例(32.8%)、IGD 97例(25.5%)、HGD 73例(19.1%)、invasive 86例(22.6%)です。良性腫瘍には膵分節切除術や、脾臓温存、十二指腸温存などの臓器を温存した縮小手術を行いますが、悪性腫瘍には浸潤性膵管がんと同様にD2リンパ節郭清を含む膵切除術を原則的に行います。また分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍は良性が多いと言われていますが、分枝型腫瘍の約10%に通常型膵がんが合併することを我々は報告しており、術前検査や術後経過観察中も十分注意して診療を行っています。

当院での1987年4月から2013年3月までの膵管内乳頭粘液性腫瘍208切除例の成績を図2に示します。5年累積生存率はLGD 90%(88例)、IGD 85%(41例)、HGD 87%(39例)、INV 29%(40例)です。

その他の膵がん

原則的に通常型膵がんや膵管内乳頭粘液性腫瘍に準じた治療を行います。
用語解説
膵管内乳頭粘液性腫瘍 : 多量の粘液を産生し、のう胞を作る腫瘍
悪性嚢胞性腫瘍 : 膵臓にできる嚢胞(ふくろ状の)の腫瘍
肉腫 : 悪性腫瘍のうち、線維、血管、骨、軟骨、筋肉、造血組織などから発生するもの
バイパス術 : 狭窄や閉塞をきたした経路に対し、直接修復が不可能な場合、人工的に迂回路をつくる手術
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
重粒子線治療 : 重粒子線を使い、がん細胞だけを集中して照射する治療