九州大学病院のがん診療

膵がん

放射線治療

膵周囲(主に上腸間膜動脈、腹腔動脈)への浸潤により切除不能と診断された場合、局所進行膵がんと呼ばれ、肝転移などの遠隔転移がない場合、根治的放射線治療の適応となります。膵がんは進行すると神経を圧迫して強い疼痛の原因となることがありますが、このようながん性疼痛などの腫瘍随伴症状は、緩和的放射線治療の適応となります。

根治的放射線治療の場合、治療効果を向上させるため、放射線増感剤としてジェムザールやTS-1などの抗がん剤を併用するのが一般的です。

放射線療法には、体外照射と術中照射があり、当院では通常、体外照射にて治療を行っています。放射線の線量は1日1回、週5回、1回につき1.8〜2Gy(グレイ)、総線量50Gy程度を行うのが一般的です。1回の治療に要する時間は10-15分程度、その中で実際に照射している時間は2〜3分程度で、その間痛みや熱さを感じることはありません。放射線治療の計画は、CTを用いた三次元治療計画装置にて行います。腫瘍の進展形式および周囲の正常臓器の耐容線量を考慮して照射範囲を設定し、四門照射などの固定多門照射を一般的に行っています。重篤な副作用ができるだけ生じないよう、患者さんごとに処方線量やビームの角度・比率などを調節し、線量分布を最適化しています。下図に四門照射の例を呈示します。

一方、術中照射は開腹下に胃腸などの正常組織をさけて病巣のみを照射する目的で開発された治療法です。病巣に密着して照射するので、体外照射では不可能な高線量(10〜25Gy)を一度に照射できる利点があります。術中照射の予後延長効果については証明されておらず、標準的治療としては確立されていませんが、局所制御率や除痛効果は向上するとの報告もあります。

放射線治療の副作用は大きく急性期有害事象晩期有害事象に分けられます。急性期有害事象としては、食欲不振、悪心、嘔吐、全身倦怠感、胃炎、腸炎などがあります。晩期有害事象には肝機能障害、腎機能障害、消化性潰瘍や腸穿孔などがありますが、重篤なものはまれです。

用語解説
CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
急性期有害事象 : 放射線治療期間中および照射終了1ヶ月程度まに発生してくる障害
晩期有害事象 : 治療が終了後約3か月以降に発生してくる障害
消化性潰瘍 : 何らかの原因で胃・十二指腸の粘膜が深く損傷した状態