九州大学病院のがん診療

食道がん

診断

食道癌の診断は、内視鏡検査やX線造影検査による食道癌の広がりや深さの評価と、CT検査などによるリンパ節や遠隔臓器への転移の評価により行います。これらの検査データを詳細に評価し、総合的に判断することで、個々の食道癌に対する適切な治療法を選択します。

食道癌の病変部評価

1)上部消化管内視鏡検査
上部消化管内視鏡検査は通称「胃カメラ」として認知されている検査法です。内視鏡検査は食道癌の発見においても重要で、なかでも壁深達度が粘膜および粘膜下層までにとどまる食道表在癌では、約85%の症例で内視鏡検査が発見の契機となっています。また、これらの食道癌患者さんの半数以上は発見時に症状を有しておらず、定期的な内視鏡検査が食道癌の早期発見に重要と言えます。

食道癌の治療方法の決定に病変の深さが重要です。診断精度を上げるために様々な工夫が内視鏡検査においてなされています。例えば、ルゴール液撒布はヨード・グリコーゲン呈色反応を応用したもので、正常食道粘膜とは異なりグリコーゲンを有さない食道癌の部分は不染帯として認識されます(図1)。他にも特殊な光を当てることにより粘膜表面の毛細血管や微細模様を強調表示するなど特殊内視鏡も応用されています。毛細血管の形状を判定することで、癌の壁深達度が推測できます(図1)。また、超音波内視鏡検査(以下EUS)は食道癌の壁深達度評価や食道周囲リンパ節腫大や周囲臓器への浸潤の有無も評価することができます。

2)食道X線造影検査
本検査は造影剤(通常はバリウム)を飲んで、食道に存在する病変の形状を評価する方法です。X線検査は内視鏡検査に比べて客観的評価が可能で、食道癌の広がりや壁深達度を評価や手術方法を検討するためにも有用な検査といえます。また、気管あるいは気管支浸潤が疑われるような場合に瘻孔形成の有無の評価、あるいは癌のために食道が狭窄し胃側への内視鏡挿入が困難な場合に狭窄部より胃側の状態の確認などができます。

リンパ節・遠隔臓器への転移の評価

リンパ節や遠隔臓器への転移の有無については、超音波検査、CTないしMRI検査、骨シンチグラフィー、あるいはFDG-PET検査などを用いて総合的に評価します。

遠隔臓器への転移を評価する方法としてはFDG-PET検査が食道癌の病期診断にも用いられています。このFDG-PET検査は、ブドウ糖に近い成分の検査薬(FDG)を血管に注射した後に、PETカメラで全身へのFDGの分布を撮影する検査法です。これは、癌細胞が正常な細胞よりもブドウ糖を取り込むほど活動が活発であるという特徴を利用したもので、癌が全身にどの程度広がっているかを判定することができます。最近では、体内の臓器の細部まで写し取るCT検査と同時に撮影することで、転移が疑わしい臓器や部位をより正確に判断することができるPET-CT検査も活用されています。これらの情報が適切な治療方法には重要になります。

用語解説

CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
超音波内視鏡 : 超音波診断装置を伴った内視鏡
EUS : 超音波内視鏡。超音波診断装置を伴った内視鏡
瘻孔形成 : 炎症などによって生じた体の組織の穴。栄養補給などのために、人工的に作る場合もある。
超音波検査 : 超音波を当て、反射する反射波を画像処理し臓器の状態を調べる検査
MRI : 強い磁石と磁気を利用して体の内部を検査する機器
骨シンチ : 骨に集積する薬剤を静注後、シンチカメラで全身および局所のイメージを撮影する核医学画像検査
PET : がん細胞だけに集積する検査薬を体内に取り込み専用の装置で体を撮影する画像診断法
病期 : 疾病の経過をその特徴によって区分した時期