九州大学病院のがん診療

食道がん

内視鏡的治療

食道癌は他の消化器癌に比べ早期でもリンパ節転移を起こしてくるため、早期癌の定義は粘膜(食道の壁の最も浅い層)内にとどまる癌とされています。粘膜層は、上皮、粘膜固有層、粘膜筋板(粘膜層の深い所にある細い筋肉の層)に分かれますが、癌が上皮や粘膜固有層にとどまるものはリンパ節転移が極めて稀であるため、内視鏡的切除のよい適応となります。癌が粘膜筋板に及ぶものやわずかに粘膜下層(粘膜層の下にある層)に入ったものは、10-20%の確率でリンパ節転移を認めるため、一般的には内視鏡治療の適応ではありません。術前検査でリンパ節転移を認めないものに対して、全身状態を考慮した結果、侵襲がより少ない内視鏡的治療が行われる場合もあります。

早期食道癌に対する内視鏡治療は患者さんへの侵襲度、入院期間、コストの面からも外科治療と比較して利点があります。内視鏡治療は大きく2つに分類されます。内視鏡的粘膜切除術(EMR)と平成18年度の診療報酬改定に伴い保険収載された内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。従来法であるEMRは、病変の下の粘膜下層に生理食塩水やヒアルロン酸ナトリウムなどの液体を打ち込んで病変を挙上し、スネア(針金でできた輪っかのようなもの)で縛って、電気をかけて切りとる方法です。この方法の欠点としては病変が大きくなると分割切除(病変をいくつかの組織片に分割して切除すること)となり、不完全切除(癌を取り残す)の可能性があります。その結果、治療後に局所再発(切除した近くに癌が再発すること)を起こしやすいというデータがあります。一方ESDは、病変を含めた組織を電気メスを用いて切開・剥離していく方法で、大きさにかかわらず、病変を一括切除(病気を1つの塊で切除すること)が可能となり、一括切除した組織を顕微鏡検査により詳細に調べることにより、病気の深達度(深さ)や転移のしやすさを正確に診断することができるようになりました。

治療の偶発症、後遺症

主な治療の偶発症としては治療中の出血、穿孔(食道壁に穴があくこと)があります。

また食道は狭い管腔臓器のため、3/4周以上ある大きな病気を治療すると治療後に狭窄(管腔が狭くなる)を起こす可能性があります。内視鏡機器とデバイスの開発が進み、内視鏡技術が向上した今日では、出血、穿孔の偶発症に対しては、ほとんどの例で内視鏡を用いた処置によって保存的に治療することができるようになりました。また、術後後遺症としての狭窄に間しても、ステロイドを用いた治療と風船のようにふくらむデバイスを用いて内視鏡的に拡張することで保存的に治療できるようになりました(内視鏡的バルーン拡張術)。

用語解説
EMR : 内視鏡的粘膜切除術
ESD : 内視鏡的粘膜下層剥離術