九州大学病院のがん診療

肺がん

外科的治療

肺がんに対する標準的な手術は、がんが存在する肺葉(右肺は上葉・中葉・下葉、左肺は上葉・下葉)のいずれかの切除、および周囲のリンパ節を取り除くことです。これを、「肺葉切除およびリンパ節郭清」と呼びます。これは、一部の早期がんを除き、肺がんはリンパ節に飛び火しやすい性質があるからです(リンパ節転移と呼びます)。がんの進展により肺葉切除だけでは取り切れない場合は、片方の肺を全部取り除く手術(片肺全摘術)が必要となることもあります。さらに、がんが胸壁など周囲へ直接進展している場合は、そこもがんと一緒に取り除く(合併切除)ことがあります。

一方、患者さんの状況によっては(心臓や肺の機能が良くない場合やがんが多発している場合など)、取り除く肺を少なくする縮小手術(部分切除あるいは区域切除)を行います。また、近年、CT検査をする機会が増え、通常の胸部レントゲン撮影では見えないようなごく早期の肺がんが多く見つかる様になりました。このような早期の肺がん患者さんには、上記の肺葉切除を行わず、縮小手術を行う場合もあります。

標準手術は全身麻酔で行います。リンパ節転移のない早期の癌に対しては、胸腔鏡というビデオカメラを使って、小さな切開(最大の傷が4cmほど、その他に2cmほどの傷が2〜3カ所)のみで行います(完全胸腔鏡下手術)。近年は、手術支援ロボットを使用するロボット支援下手術も、早期肺癌を中心に積極的に行っています。大きながんの場合やリンパ節が腫れている場合などは従来の開胸手術(12〜20cmほどの傷)で行います。九州大学病院では、上記の標準手術を行った場合の手術後の入院期間(自宅退院まで)の平均は約7〜10日となっています。

退院後、手術で切除した肺がんの病理組織検査(顕微鏡検査)の結果をみて、最終的な病期(がんの進行具合)を診断します。この結果で、手術だけでは不十分と思われる場合(進行度が2期以上の場合など)は、手術後に再発予防を目的とした化学療法(抗がん剤治療)を行います。これを「術後補助化学療法」と呼び、手術後1〜2ヶ月を目途に開始します。現在、どのような種類の化学療法(抗がん剤の種類や組み合わせなど)が最適か、はっきりと分かっていませんので、より良い治療法を確立するための臨床試験を行っています。

用語解説
CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
病期 : 疾病の経過をその特徴によって区分した時期
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法