九州大学病院のがん診療

皮膚がん

診断

十分な経験を持った皮膚科専門医であれば、皮膚がんの診断は視診(よく見る)だけで比較的容易です。特に悪性黒色腫乳房外パジェット病、光線角化症、菌状息肉症など、早期では皮膚の色や表面の性状のみの変化で発症する皮膚がんは、皮膚科専門医以外では診断は困難です。

ダーモスコピー

拡大鏡のような道具を用いて、皮膚の表面での光の乱反射を抑え、非侵襲的に皮膚内部の構造、色素の分布、血管の走行などを観察できる検査です。悪性黒色腫や基底細胞がんと普通のほくろやシミなどを見分けるのに特に有用です。

皮膚生検

皮膚がんの確定診断は皮膚生検によって行います。局所麻酔の注射後に病変の一部(3-4mm程度)を切り取って、病理検査(顕微鏡検査)を行います。悪性黒色腫の場合は、腫瘍の厚さによって治療方針が変わるため、できるだけ病変全体を切除し病理検査をすることで、診断と治療方針を確定します。

画像検査

皮膚生検により皮膚がんの診断がつき、さらに進行がんの可能性がある場合は、超音波検査CTMRI、PET-CTなどの画像検査を組み合わせて、全身の転移の有無を検索します。特に進行している悪性黒色腫や血管肉腫、比較的大きな有棘細胞癌の場合、その他の臓器に転移している可能性を考慮し、全身検索を行うことがあります。また進行した悪性黒色腫や有棘細胞癌などで切除術後に再発/転移のリスクがある場合は、定期的な画像検索を行います。

用語解説
悪性黒色腫 : 色素細胞(メラノサイト)の癌化によって生じる悪性腫瘍
乳房外パジェット病 : 皮膚に分布しているアポクリン汗腺に由来する皮膚の悪性腫瘍で、乳房以外の場所に発生するもの
ダーモスコピー : 皮膚にできた腫瘍の良悪性を区別する際に用いる拡大鏡
超音波検査 : 超音波を当て、反射する反射波を画像処理し臓器の状態を調べる検査
CT : コンピュータ断層法。身体の横断断層を撮影する特殊なX線装置
MRI : 強い磁石と磁気を利用して体の内部を検査する機器
肉腫 : 悪性腫瘍のうち、線維、血管、骨、軟骨、筋肉、造血組織などから発生するもの