九州大学病院のがん診療

皮膚がん

放射線治療

基底細胞癌、有棘細胞癌、メルケル細胞癌などで、年齢や合併症のため手術が困難な場合などに、根治的な放射線治療が選択されることがあります。また頭頸部などで切除部の周囲やリンパ節からの再発を予防するために、切除術後に放射線治療を行うことがあります。血管肉腫は病変がごく小さい例を除いて手術は行わず、化学療法と放射線療法を併用して治療します。放射線治療を受けると、照射部に皮膚炎や脱毛、粘膜炎を起こすことがあります。

悪性黒色腫では、根治的な放射線治療を行うことは通常ありませんが、脳転移に対する定位放射線療法、骨転移の疼痛に対する緩和的放射線療法では、高い症状改善効果があります。

用語解説
肉腫 : 悪性腫瘍のうち、線維、血管、骨、軟骨、筋肉、造血組織などから発生するもの
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
悪性黒色腫 : 色素細胞(メラノサイト)の癌化によって生じる悪性腫瘍