九州大学病院のがん診療

皮膚がん

外科的治療

特に早期の皮膚がんでは外科的治療は根治を期待できる治療です。皮膚がんの種類、進行度に基づき、病変から数mm〜数cm離して切除します。腋窩や鼠径などのリンパ節に転移がある場合は、リンパ節郭清という周囲のリンパ節を含めてその領域のリンパ節をすべて切除する手術を行います。切除後の皮膚の欠損部が縫縮できない場合は、大きさや場所によって皮弁や植皮などによる再建を行います。皮膚がんの種類や病型によっては、正常の皮膚と病変の境界が分かり難いため、切除後に人工真皮とよばれる被覆材で皮膚欠損部を覆い、完全にがん組織が切除できたことを顕微鏡で確認したあとで、再建を行う二期的手術を行うこともあります。術後の瘢痕は、場所によってはしばらく固くつっぱったり、赤みが目立ったりしますので、半年から1年程度の間、テーピングやスポンジによる圧迫を行ってもらいます。

センチネルリンパ節生検

悪性黒色腫はリンパの流れに乗って転移をしやすい皮膚がんです。病変が厚くなるほど、リンパ節転移の可能性が高くなります。触診や前述の画像検査によって、明らかなリンパ節転移が見つかることもありますが、リンパ節が腫瘍細胞で大きくなる前にも、顕微鏡でしかわからない程度の、ごく少数の腫瘍細胞の転移が生じている可能性があります。以前は、リンパ節転移の可能性がある場合は、予防的にリンパ節郭清術が選択されていました。しかしリンパ節郭清術は体の負担が大きく、術後のリンパ浮腫などの合併症も起こるため、結果的に転移がなかった患者さんにとっては不必要な手術だったことになります。センチネルリンパ節生検では、悪性黒色腫が最初に転移すると考えられるリンパ節を探し出し摘出・検査することで、リンパ節郭清術の適応を決定できるようになりました。検査自体は数cmの切開で施行でき、体への負担は比較的少ないものです。このことによって、必要な患者さんにのみリンパ節郭清術を行うことができるようになりました。

用語解説
悪性黒色腫 : 色素細胞(メラノサイト)の癌化によって生じる悪性腫瘍