九州大学病院のがん診療

脳腫瘍

化学療法

脳には、その恒常性を保つため、血液脳関門(blood-brain barrier:BBB)が存在し、他の癌とは異なる化学療法が必要となります。

悪性神経膠腫に対しては、従来ニドラン(ACNU)という点滴の薬が使用されていましたが、2006年にテモゾロミド(TMZ)というカプセルの内服薬が、大規模な臨床試験により有効性を証明されました。当科では、術後に、テモゾロミドもしくはニドランと、放射線療法を併用した初期治療(放射線化学療法)を行っています。また、ニドランの治療だけを行い、放射線治療を行わない場合もあります。治療法の選択は組織診断に加え、当院独自の遺伝子解析から得られた所見を基準にしています(臨床研究の項に詳しく記載していますので、ご参照ください)。

図1

また、悪性神経膠腫については、2013年より血管新生阻害薬であるアバスチン(BEV)が保険承認され、当院でも使用しています。当科での使用経験により、重要な機能が存在するために手術で切除ができなかった腫瘍が残っている症例や、意識障害や言語、運動機能の低下などを来たしている(performanceの低下)症例では、非常に治療効果が高く、平均生存期間が延長していることが証明されました(図1)。このような治療経験を踏まえて、アバスチンを初期治療から使用するかどうかを選択しています。

悪性リンパ腫に対しては、メソトレキセート大量療法と放射線治療の併用が標準治療として確立しており、当院でも第1選択としています。これまで放射線治療のみでは1年前後であった生存期間の中央値が、この治療により3年以上の生存期間が期待されるようになってきています。しかし、急性腎不全など重篤な副作用の危険があり、厳重な全身管理のもと治療を行っています。また、高齢者では放射線治療による障害をなるべく避けるために、当院血液腫瘍内科と連携して、化学療法での治療のみで行うこともあります。

小児悪性脳腫瘍である髄芽腫、胚細胞腫に関しても放射線療法と化学療法が必要となります。髄芽腫に関しては、年齢、摘出度、髄液播種が、その後の経過を決定する重要な因子になります。基本的には全脳全脊髄の放射線療法と白金製剤を用いた化学療法の併用療法を行います。特に乳幼児に対しては、末梢血幹細胞移植を併用した大量化学療法の選択もあり、小児科との連携のもと治療を行っています。胚細胞腫は組織型によりさらに細分化されます。予後良好群である胚腫(ジャーミノーマ)は治療感受性が高く、放射線、化学療法により5年生存率が9割を超えてきています。予後不良群であるヨークサック腫瘍胎児性癌、絨毛癌は脊髄播種を来たしやすく、全脳全脊髄の放射線照射に化学療法を併用し治療を行っています。奇形腫の成分を含む腫瘍に関しては、治療後の残存部位に外科的摘出術が追加しています。

用語解説
化学療法 : 化学物質によってがんや細菌その他の病原体を殺すか、その発育を抑制して病気を治療する方法
神経膠腫 : 脳実質の神経膠細胞から発生した腫瘍の総称
悪性リンパ腫 : リンパ系組織から発生する悪性腫瘍
急性腎不全 : 種々の原因で急激な腎機能の低下をきたす症候群で、通常、乏尿または無尿を伴う疾患
髄芽腫 : 小児の小脳に好発する悪性度の高い腫瘍
髄液播種 : 髄液の中にがん細胞が広く存在している状態
ヨークサック腫瘍 : 生殖器に生じる腫瘍のひとつで、胚細胞腫瘍に含まれる
胎児性癌 : 胚細胞腫瘍のひとつで悪性に分類される腫瘍
奇形腫 : 胚細胞腫瘍のひとつで良性に分類される腫瘍